介護の資格

知っておこう!介護の知識

介護ヘルパーに必要な資格とは?

自宅で家族や身内がお世話をするには特別な制限はありませんが、介護者としてお仕事をするには資格が必要になります。
第一に必要な資格としては「介護職員初任者研修」が必要です。
昔は「ヘルパー2級」と言われておりました。
これは専門の学校や講習を受け修了することで取れます。
内容は規定の教科の受講とその講習内での研修が必要になります、食事の仕方や、車いすの押し方、シーツの引き方などを覚えます。
その後、実地訓練があります、これはヘルパー業務をしている現場での研修になります。
訪問や施設の現場での経験をすることです。
第二に必要なのが、「ガイドヘルパー」です。
介護職員初任者研修だけでも良いのですが、最近ではガイドヘルパーも持っていると現場で役立つことが多いために一緒に修得する方が多いです。
他には「実務者研修」昔は「ヘルパー1級」と呼ばれたものや、「ケアマネージャー」、「予防運動指導員」なども持っているとよい資格です。

介護の資格にはいろいろなものがある

介護の仕事にはいろいろな資格があります。
初歩的なものの場合にはホームヘルパーがあります。
これは所定の場所で一定期間講習をうけることで付与されるものであり民間の団体から発行されるものであります。
とりわけこの業界ではこれらを所持していることが大前提になります。
また専門性の高いものとしては介護福祉士がありますこれは大学もしくは専門学校で所定の単位を修めた後に行われる国家試験にパスすることで得られるものでありその難易度はかなり高いものとなっています。
これらをもっていればどこの施設へ行っても最初から指示する立場になれるためある程度の給与をもらうことができます。
また介護にたずさわっているのはこれらの資格の人だけではなく看護師や栄養士などもありさまざまなスペシャリストたちが集まって仕事しているのがこうした業界の特徴でもあります。
これから働いてみたいかたは自分の目指す道にあわせて資格取得してみるとよいでしょう。

Favorite

代行を品川で頼む
http://saison-daiko.com/shinagawaku/

2017/1/26 更新